共にウクライナ🇺🇦での戦争をやめさせましょう

ここをクリック

面白い記事やWebサイトが見つかったとき、ブックマークする代わりに、WebページをPDFとしてiPhoneに保存することができます。これにより、ページをオフラインで開いたり、Webサイトがダウンしている場合でも表示したりできます。

究極のPDFエディターであるPDF Expertを使用して、iPhoneとiPadでWebページを保存する方法を見てみましょう。

SafariでWebページをPDFとして保存する方法:

  1. まず、PDF Expertを無料でダウンロードします。ブラウザからPDFを保存するために必要なアプリです。
  2. Safariを開き、保存したいWebサイトに移動します。
  3. 画面下部にある共有ボタンをタップします。
  4. 共有メニューの上部にあるオプションをタップし、自動ではなくPDFを選択して、完了をタップします。
  5. PDF Expert<にコピーを選択して、Webページ全体をPDFとして保存します。PDF Expertでは、このページを閲覧したり注釈付けしたりすることができます。

ご覧のとおり、Safariでは、わずか数ステップでWebサイトをPDFとして保存できます。

Google ChromeでWebページをPDFとして保存する方法:

  1. PDF Expertをまだダウンロードしていない場合は、無料でダウンロードします。
  2. Google Chromeを起動し、PDFとして保存するWebページに移動します。
  3. 画面右上の共有アイコンをタップして、印刷を選択します。
  4. 以下に示すようなページオプションが表示されるまで、印刷のプレビュー画像を長押しします。
  5. T画像をもう一度タップすると、全画面で表示されます。
  6. 画面右上の共有アイコンをタップします。
  7. PDF Expertにコピーを選択して、WebページをPDF ExpertにPDFとして保存します。

WebページをPDFに変換したら、PDF Expertを使用して、それを読んだり、メモを作成したり、いくつかのページを1つのファイルに結合したりすることができます。

PDF Expertを入手して、iPhoneとiPadで究極のPDF体験をお楽しみください!