共にウクライナ🇺🇦での戦争をやめさせましょう

ここをクリック

Share

RSS

ウクライナを支援するために今すぐできること

ウクライナは、国民の自由と平和を守るために必死に戦っています。ロシア軍は卑怯な戦い方で、陸、空、海からウクライナの一般市民を攻撃し続けています。2月24日に戦争が始まって以来、多くの子どもを含む数千人の民間人が死傷しています。ロシア軍の残虐行為から逃れるために、300万人以上が国外脱出したと、ウクライナ大統領府顧問のミハイル・ポドリャク氏は言う。彼によると、国内避難民の数は1,100万〜1,200万人に上り、その数は刻一刻と増え続けている。

Readdleはウクライナにあるソフトウェア開発企業です。200人以上いる社員のほとんどがウクライナに住んでいます。弊社が開発しているアプリやサービスには、影響はありません。しかし、私たちはウクライナ国民として、私たちの大事な家族や友人などを守るため、そして、ウクライナの平和を取り戻すためにできる限りのことをしたいと考えています。 

ユーザーやパートナーの皆様から、何百通ものウクライナを応援するメールが届いており、弊社では、このようなサポートに心から感謝しています。

また、ウクライナの平和を取り戻すために何かできることはないのか、と多くのメッセージをいただいています。このページでは、今すぐに誰でもができるウクライナを支援する方法を紹介します。

今すぐ寄付をする

他の方法で支援する

あなたの支援が必要です

侵略以来、300万人以上が家を離れなければならず、さらに1,265万人が国内避難民となった。このような人たちを支援する方法をご紹介します。

ウクライナの野生動物を支援する 

戦争が始まる前、ウクライナの首都キエフ近郊にあるクマ保護施設「ホワイトロック」は、サーカスのようなひどい環境からクマを救うための団体でした。しかし今、ウクライナの動物たちを脅かしているのは、ロシアの空爆です。彼らを保護して、食べ物を確保するためには、皆様の支援が必要です。クマ保護施設に寄付をする

ウクライナの自衛軍を支援する

ウクライナは、ヨーロッパの自由と平和を守るために、世界最大級のロシア軍と戦っています。ウクライナの自衛軍を支援するためにも、世界各国からの支援が必要です。

自国政府に働きかける

世界各国は、ウクライナ軍への軍備支援からウクライナ市民への人道的な支援を行っています。また、国際法に違反したロシアに対しては、経済的な制裁を加えています。世界とウクライナの平和を1日でも早く取り戻すため、あなたが住む地域の政府に働きかけることで、これを支援することができます。

  • 反戦デモに参加する。反戦デモに参加することで、政府が行動を起こすよう訴えかけることができます。あなたの近くの都市で開催予定の反戦デモはこちらのマップで確認できます。 
  • 米国:あなたが住む地域の連邦議会議員に手紙を書き、ウクライナへの支援強化を要請してください。こちらにテンプレートを用意しました。ほんの数分で、あなたはいくつもの命を救うことができます。
  • 英国:あなたが住む地域の国会議員に手紙を書き、 ウクライナへの支援強化を要請してください。
  • ウクライナで起きていることを伝える。あなたの声には力があります。政府や自治体、有識者、有名人のSNSアカウントにウクライナで起きていることを共有してください。これは、今すぐ誰にでもできる簡単なことです。例えば: 

引用+コメント:@NATO ロシアの軍事行為は即刻止めるべきだ! #Ukraine #StopRussianAggression #CloseTheSky #StopWarInUkraine #StopRussia #StopPutin #StandWithUkraine

ウクライナに関するフェイクニュースと戦う

最近はフェイクニュースや誤報が多いです。信頼できるメディアもしくは公式アカウントからの情報だけをシェアするようにしましょう。 

私たちのパートナーであり、同じくここウクライナでAppleデバイス向けのアプリを開発しているMacPawでは、ウクライナで起こっていることを報道しているメディアのリストを用意しています。

英語のメディア:

ロシア語のメディア:


皆様の支援に大変感謝しております。よろしければ、SNSで「#StandWithUkraine」をフォローして、ウクライナで起こっていることについて、友人や知人にシェアしてください。

ウクライナより感謝の気持ちを込めて、
Readdleチーム一同
💙💛

The Readdle Team The Readdle Team


Stay in touch

Readdle news straight to your inbox

By clicking on "Subscribe to News" I agree to the Privacy Policy.

戻る