Share

RSS

Readdleのアプリが新しく登場したiOS 15に対応。iPad向けのウィジェット、クイックメモなどの新機能が登場

新しいiOS 15が登場しました。今回のバージョンアップでは、便利な新機能が多く追加されます。これらの新機能は、タスクをより速く終わらせることに役立ち、Appleデバイスの利便性を大きく向上させます。 

Readdleでは、iPhoneとiPadに不可欠な生産性向上アプリを開発しています。そのため、常に最新のテクノロジーに適応することを心がけています。今日、iOS 15に対応した最高のアプリをお届けできることを嬉しく思います。

アップデートされたアプリは次のとおりです。

Sparkの新機能

メールとカレンダーのiPad用ウィジェット

IiPadOS 15では、iPadのホーム画面にウィジェットを配置して、重要な情報を一目で確認できます。また、Appleが新しい大きなウィジェットサイズを導入したので、iPadの大きな画面を最大限に活用できます。

私たちはこのアップデートを非常に楽しみにしており、新しいウィジェットをテストした最初のチームのうちの1つでした。Appleは、この新機能をWWDCでも披露しました。

SparkにはiPad専用の2つの大きなウィジェットが追加されます。

  1. メールとカレンダー:新着メールと今後の予定を表示します。ウィジェットに表示されるメールとカレンダーは変更可能です。たとえば、特定のメールアカウントのメルマガだけを表示したり、仕事の予定だけを表示できるようにしたりすることができます。
  2. カスタムウィジェット:私たちは、ユーザーがアプリのカスタマイズを楽しんでいることを知っています。そのため、ウィジェットに表示するメールのカテゴリ、メールアカウント、カレンダーを選択できるようにしました。ウィジェットの右側と左側それぞれを個別に設定できるので、メーリングリストとカレンダーを並べて表示したり、ウィジェットにメールだけを表示したりすることができます。たとえば、左側には新着のメール、右側にはピン付きのメールを表示させる、といったようなことも可能です。

ウィジェットを追加するには、ホーム画面の任意の場所を長押しして、左上の「+」ボタンをタップします。次に、リストからSparkを見つけて、目的のウィジェットを選択します。ウィジェットをカスタマイズするには、ウィジェットを長押しして「ウィジェットの編集」を選択します。

「集中モード」の登場

「集中モード」は、いろんな通知を受けて集中力が低下してしまうことを回避するのに役立つ、新しい機能です。柔軟にカスタマイズ可能な「おやすみモード」と考えてください。「集中モード」では、これから取り組む作業にあわせて通知とアプリをブロックできます。たとえば、仕事している間は、Sparkで重要なメールに関する通知を受け取るが、Instagramからの通知はミュートにするなどの使い方が可能です。

Sparkは新しく登場した「集中モード」を完全にサポートしており、あなたの時間を取り戻すのに役立ちます。「集中モード」を設定するには、iOSの「設定」を開き、「集中モード」を選択します。ここでは、仕事、プライベート、フィットネスなどのおすすめのオプションの選択するか、オリジナルのオプションを設定できます。通知を許可するアプリのリストでSparkを選択して、通知をすぐに受信できます。

iPadでクイックメモを残す

iPadOS 15の「メモ」アプリにクイックメモが追加されました。どこでもクイックメモを開いて、アプリや画面の情報をすばやく書き残すことができます。この機能は、Sparkを含む当社のアプリにぴったりのように見えました。 

Sparkの受信トレイに届いたニュースレターを読んで、自分の考えを記録したいとします。画面の右下隅から上にスワイプするだけで、クイックメモの作成を開始できます。Sparkを使用すると、元のメールへのリンクを追加できるため、残したメモを簡単に見つけることができます。

近日公開予定:ユニバーサルコントロールで複数のデバイスで作業する

ユニバーサルコントロールを使用すると、iPadとMacをシームレスに接続し、1つのマウスとキーボードで複数のデバイスを操作できます。この機能は、Appleが今秋後半にmacOS Montereyをリリースした後に使用できるようになります。 

Sparkでは、デバイス間でファイルをドラッグ&ドロップで移動したり、iPadからMacのメールにテキストをコピーしたりすることができます(もちろんその逆も)。 

今すぐSparkをダウンロードして、またメールを楽しんでください。


Documentsの新機能

「最近使用した項目」と「お気に入り」のiPad用ウィジェット

「最近使用した項目」と「お気に入り」のファイルを表示するための新しいウィジェットを使用すると、ホーム画面から必要なファイルにすばやくアクセスできます。新しいウィジェットはホーム画面に最大16個のファイルを表示するので、お気に入りの本や昨夜見始めた映画をすばやく開くことができます。

iPad向けの新しいウィジェットは、今後も追加する予定です。乞うご期待!

iPadでクイックメモが使えます

DocumentsのPDFビューアがクイックメモに対応するようになり、ドキュメントを読んでいるときに自分の考えを書き残すことはできるようになりました。画面の左下隅から1回スワイプしてクイックメモの作成を開始します。メモは1回タップすると、元のPDFへのリンクを追加することができます。

iPhone用のウィジェットを刷新

今回のアップデートは主にiPadに焦点を当てていますが、iPhoneのウィジェットもデザインが新しくなっています。そのため、新鮮なインタフェースと数週間前にリリースされたDocumentsの最新バージョンであるDocuments Xとの一貫性があります。これらの新しいウィジェットをぜひ試してみてください!

今すぐDocumentsをダウンロードして、試してみてください!


PDF Expertの新機能

クイックメモでアイデアを残そう

今回のアップデートは、メモ好きなユーザーにきっと気に入ってもらえるはずです。PDF Expertで書籍、ニュース記事、または雑誌を読むときはいつでも、クイックメモを開いて、文章の要約を書いたり、読んだ内容を振り返ったり、簡単なアイデアをまとめたりすることができます。クイックメモには、元のPDFへのリンクを追加できます。この機能は、勉強やリサーチ時に特に役立ちます。

作成したクイックメモは、「メモ」アプリで見つけることができます。クイックメモには、オリジナルのPDFも表示されるため、より多くの情報を含んだメモを作成することができます。

「最近使用した項目」と「お気に入り」のiPad用ウィジェット

ホーム画面から、必要なPDFに一瞬で移動できます。新しい大きなウィジェットは最大16個のファイルを表示できるため、「最近使用した項目」と「お気に入り」にあるPDFやフォルダにワンタップで開くことができます。

近日公開予定:ユニバーサルコントロールへの対応

新しいmacOS Montereyが公開され次第、MacとiPadをユニバーサルコントロールに接続できるようになります。PDF Expertはこれを完全にサポートするため、デバイス間でドラッグ&ドロップで簡単にファイルを移動できるようになります。

PDF Expertをダウンロードして、 iOS 15の新機能をお試しください。


Calendarsの新機能

タスクと予定のiPad用ウィジェット

Calendarsの目標は、iPhoneとiPad向けの最も美しく直感的なカレンダーエクスペリエンスを創り出すことです。昨年登場したホーム画面ウィジェットは、多くのユーザーに好評を頂いており、iPad用の新しい大きなウィジェットをお届けできることを嬉しく思います。今回のアップデートにより、iPadのホーム画面がすべてのタスクや会議のための強力なワークスペースに変わります。

iPad用の新しいウィジェット:

  1. 今後の予定 – 今日の予定、月表示、時間、天気など、すべてが一目でわかります。
  2. タスク – To-doリストに新しいタスクをすばやく追加できます。
  3. アジェンダ – ウィジェットの構成を自由にカスタマイズできます。予定とタスクの両方を並べて表示するか、左側に今日のスケジュールを表示して、右側には明日の予定を表示できます。また、このウィジェットに表示されるカレンダーとタスクリストのアカウントを設定することもできます。

クイックメモで思いついたアイデアを記録する

クイックメモを使うと、カレンダーのアプリを開いたままメモを残すことができます。画面の右下隅から上にスワイプするだけで、メモの作成が開始されます。ここではいくつかの使用方法をご紹介します:

  1. 会議の準備。 会議参加者への質問項目をクイックメモに書き留めて、カレンダーに入っている会議予定へのリンクをインプットします。そうすると、カレンダーでこの予定を開くと、メモが表示されて、会議中に聞きたかったことをすばやく思い出すことができます。
  2. 1日の予定計画。 次の日曜日にやらなければいけないことが沢山あるときは、それらをクイックメモに書き留めて、カレンダーでこの日を開き、そのリンクをメモに追加します。これで、その日に終わらせる必要がある用事を忘れることなく、各アクティビティに適した時間を見つけることができます。

今すぐCalendarsをダウンロードして、新しい機能を試してみてください!

Scanner Proの新機能

中国語OCRの強化

Scanner Proは、スキャンした書類をテキストが検索可能なPDFファイルに変換し、26を超える言語のテキストを認識する最高の文字認識機能(OCR)を備えています。これにより、スキャンしたドキュメントのテキストを簡単に選択したり、コピーしたり、他のアプリに送ったりしたりすることができます。

今回のアップデートでは、中国語を含んだドキュメントの文字認識精度が向上しました。英語、簡体字、繁体字を組み合わせて、より高速で正確な「中国語+」のバンドルを作成しました。たとえば、中国語と英語の両方で書かれている契約書をスキャンすると、アプリの設定を変更することなく、両方の言語を一度に認識することができます。

本機能を使用したベータ版の中国ユーザーは、OCRの精度が他のスキャンアプリよりも優れていることを確認しています。もし、すでに中国語のOCRが有効になっていた場合、「中国語+」のバンドルは自動的に有効になります。アプリの設定では、手動でこのバンドルを有効にすることもできます。ぜひお試しください。 

近日公開予定:魔法のようなユニバーサルコントロール

今秋下旬頃に登場予定のユニバーサルコントロールは、iPadとMacを接続することを可能にします。Scanner Proは、この機能を完全にサポートします。そのため、Scanner ProからMacにPDFを移動したり、コンピューターからScanner Proに画像をドラッグ&ドロップで移動したりすることができます。

今すぐScanner Proをダウンロード して、ぜひあなたのご感想をお聞かせください!


新しいiOS 15で使えるようになる新機能をぜひお試しください!

新機能は次のアプリでお使いいただけます。

新機能に関するご感想やご意見は、公式ツイッターアカウント @Readdle でお待ちしております!

Maria Henyk Maria Henyk



Stay in touch

Readdle news straight to your inbox

By clicking on "Subscribe to News" I agree to the Privacy Policy.

戻る