社会人または学生であれば、契約書、請求書、身分証明書、運転免許証などの紙書類のスキャンをすぐに用意しなければならないときがあります。こういった状況では、オフィスのスキャナーで書類をスキャンするか、コンビニなどスキャナーを置いてある場所に行く必要がありますが、実はもっと簡単な方法が存在します。外出先でも、iPhoneまたはiPadさえ持っていれば、あらゆるドキュメントをすばやくスキャンできることをご存知ですか?

Scanner Proは、iPhone・iPad用のスキャナーアプリです。デバイスの高性能カメラを使って、高画質な書類スキャンを作成できます。 ここでは、iPhoneまたはiPadで書類をスキャンする方法を紹介します。

iPhone・iPadで書類をスキャンする方法:

  1. Scanner Proをダウンロードして、アプリを起動します。
  2. オレンジ色のプラスボタンをタップして、新しいスキャンを作成します。

  1. スキャンしたい書類にカメラを合わせます。スキャンするドキュメントの種類に応じて、Scanner Proのフィルターを「カラー」、「白黒」、「写真」、または「グレースケール」から選択します。

  1. 「自動スキャン」モードでは、Scanner Proが書類のページ端を検出し、自動的にスキャンを行います。アプリの設定で、「手動」モードに切り替えると、丸いシャッターボタンでスキャンを手動で行うこともできます。
  2. iOSデバイスを使って、必要なページのスキャンを実行します。
  3. Scanner Proでは、スキャンしたページの枚数が画面の右下に表示されます。この数字をタップすると、スキャンしたすべてのページのプレビューが表示されます。「編集」ボタンをタップすると、手動でトリミングしたり、ドキュメントサイズを変更したり、フィルターを変更したり、必要に応じて明るさやコントラストを調整したりできます。 編集が完了したら、「完了」ボタンをタップします。

左図:スキャンプレビュー / 右図:編集オプション

左から右:境界線の微調整、ドキュメントサイズ、フィルター、 明るさとコントラスト、幾何補正

  1. 画面上部のタイトルをタップして、ファイル名を入力し、新しく作成したスキャンを保存します。

ここで紹介した方法であれば、どこにいても、iPhoneとiPadさえ持っていれば、書類や写真、教科書などの高画質なデジタルスキャンを作成できるようになります。スキャンはPDFまたはJPGとして保存でき、選択したクラウドに自動的にアップロードしたり、誰とでもすぐに共有したりできます。さらに、Scanner Pro 8では、複雑なワークフローを作成して、毎日行う同じようなタスクを自動化することもできます。

Scanner Proを入手して、iPhoneとiPadで使える便利なスキャナーアプリを試してみてください。