Scanner Pro は、あなたの iPad または iPhone を携帯式スキャナに変身させる最高のスキャナアプリです。まだ入手していない人は、早速ダウンロードしてみてください。

通常、スキャン品質はデバイスのカメラ性能に依存します。また、スキャンを撮影する時の光量、書類のサイズも画質に影響します。

ここでは、Scanner Pro の調整機能を使用して、スキャンの見やすさを向上させる方法をご紹介いたします。

一番簡単な方法は、スキャンを撮り直すことです。そのためには、「編集モード」を開いて、「撮り直し」を選択します。

綺麗にスキャンを撮影したら、編集したいスキャンを選択し、「編集」をタップします。

スキャンの境界線を変更するには、「境界線」ボタンをタップし、青色の境界線をドラッグして適切な画像領域を選択します。

また、ここでは「カラー文書」、「白黒文書」、「カラー写真」、「グレースケール写真」の中から、処理タイプを選択することもできます。

「太陽」アイコンをタップすると、明るさとコントラストの度合いを変更できます。

スキャンのサイズを変更するには、画面上部の「サイズ」ボタンをタップするか、アプリの「設定」を開いて、デフォルトのページサイズを設定します。スキャンを回転させるには、「回転」ボタンをタップします。

編集を終了するには、「完了」をタップします。

歪んだスキャンを回避する方法

レシートや領収書のスキャンに夢中になって、大量に撮影し終えた後、スキャンが歪んでいた、なんてことはよくあります。

このような状況になることを避けるためにも、アプリの「設定」にある「スキャン」を開いて、「既定のページサイズ」を「カスタム」または「自動」に設定することをおすすめいたします。

ヒント:白黒の書類をスキャンするなら「グレイスケール写真」または「白黒文書」モードが最適です。