DropboxやGoogleドライブなどのクラウドストレージを使用するメリットはたくさんあります。例えば、ファイルを自動的にバックアップしたり、あらゆるデバイスからファイルへのアクセスを確保したりすることができます。

複数のクラウドサービスを利用する場合、サービスごとに異なるアプリを使う必要があるため、ファイル管理が複雑化しがちです。この課題を解決するのが、あらゆるクラウドと連携可能なファイル管理用アプリ「Documents」です。

Documentsなら、クラウドストレージとiPhone・iPadのファイルを一緒に管理することが可能です。Dropbox、Googleドライブ、Box、WebDAVなどに保存されているファイルは、直接アクセスするかローカルデバイスにダウンロードすることができます。

iPhone・iPadで使える便利なファイル管理アプリをお探しでしたら、無料でダウンロードできるDocumentsをぜひお試しください。

iPhone・iPadでDropboxを利用する方法:

Documentsを使用すると、Dropboxにあるファイルを直接編集したり、デバイスとクラウドサービス間でファイルやフォルダーを移動したりできます。

アプリにDropboxアカウントを追加する方法:

  1. Documentsを無料でダウンロード
  2. iPhoneでは、画面下部にある「接続」をタップします。iPadの場合は、サイドバーにある「接続を追加」をタップします。
  3. サービス一覧から「Dropbox」を選びます。
  1. 画面の指示に従ってサービスにログインします。
  2. これで、iPhoneの「接続」ボタン(iPadの場合はサイドバー)から直接Dropboxにアクセスできるようになりました。

DropboxからiPad・iPhoneにファイルをダウンロードする方法:

  1. Documentsを起動し、接続したDropboxアカウントを開きます。
  2. 画面右上にある「選択」ボタンをタップします。
  3. ダウンロードしたいファイルまたはフォルダを選択します。
  4. 「ダウンロード」ボタンをタップします。
  5. ダウンロードしたファイルは、「ダウンロード」フォルダに保存されます。

このようにして、Dropboxにある音楽をiPhoneに転送して、オフラインでも楽しんだり、電子書籍をデバイスに保存しておき、好きなときに好きなところで読んだりすることができます。

Documentsを無料でダウンロード

iPhone・iPadからDropboxにファイルをアップロードする方法:

  1. まず、DocumentsでDropboxを開きます。Dropboxには、iPhoneの「接続」ボタン(iPadの場合はサイドバー)からアクセスすることができます。
  2. 画面右下にある紫色の「プラス」アイコンをタップします。
  3. 「アップロード元」で、アップロードしたいファイルが保存されている場所を選択します。たとえば、カメラロールから直接Dropboxに写真をアップロードできます。

GoogleドライブからiPad・iPhoneにファイルをダウンロードする方法:

Documentsを使用すると、GoogleドライブからiPhoneにビデオをすばやくダウンロードしたり、すぐには使わないファイルをクラウドに保管してデバイスの容量を節約したりできます。

  1. Documentsを無料でダウンロード
  2. iPhoneでは、画面下部にある「接続」をタップします。iPadの場合は、サイドバーにある「接続を追加」をタップします。
  3. そして、「Googleドライブ」をタップします。
  4. ログイン名とパスワードを入力してサービスにログインします。
  5. これで、iPhoneの「接続」ボタン(iPadの場合はサイドバー)から直接Googleドライブにアクセスできるようになりました。
  6. ファイル管理の画面で、右上にある「選択」をタップします。
  7. ダウンロードしたいファイルまたはフォルダを選択します。
  8. 「ダウンロード」ボタンをタップします。
  9. ダウンロードしたファイルは、「ダウンロード」フォルダに保存されます。

iPhone・iPadからGoogleドライブにファイルをアップロードする方法:

  1. まず、DocumentsでGoogleドライブを開きます。Dropboxには、iPhoneの「接続」ボタン(iPadの場合はサイドバー)からアクセスすることができます。
  2. 画面右下にある紫色の「プラス」アイコンをタップします。
  3. 「写真」を選びます。
  1. アップロードしたい写真を選択し、「インポート」をタップします。

Documentsを無料でダウンロード

Documentsに他のクラウドストレージを接続する方法

Documentsアプリは、OneDrive、Box、SharePoint、Yandex.Disk、並びにWebDAV/FTP/SFTPプロトコル接続をサポートするその他のストレージとも連携可能です。他のクラウドサービスを追加する方法は次のとおりです。

  1. iPhoneでは、画面下部にある「接続」をタップします。iPadの場合は、サイドバーにある「接続を追加」をタップします。
  2. 接続したいオンラインストレージを選択します。
  3. 画面の指示に従ってサービスにログインします。
  4. これで、iPhoneの「接続」ボタン(iPadの場合はサイドバー)から直接クラウドストレージにアクセスできるようになりました。

Documentsとクラウドストレージを接続させることで、アプリのファイル管理機能を最大限に活用できるようになります。Documentsを使って、楽曲を再生したり、動画を視聴したり、電子書籍を読んだり、PDFを注釈付けしたり、ZIPアーカイブを解凍したりすることができます。

iPhone・iPadでクラウドストレージと接続できる便利なファイル管理アプリをお探しでしたら、無料でダウンロードできるDocumentsをぜひお試しください。