iPhoneおよびiPadに最適な音楽プレーヤーをお探しの場合は、無料でダウンロードできる Documentsをお試しください。非常に使いやすさ抜群で、.aac、.aif、.aifc、.aiff、.amr、.au、.l16、.m3u、.m4a、.m4b、.m4p、.mp3、 .pcm、.wav、.flacなどのファイル形式に対応しています。

無料で使えるDocumentsをぜひ一度お試しください。

Documentsアプリに楽曲を追加するには、メイン画面の右下にある紫色のプラスアイコンをタップし、ファイルのインポート元を選択します。ファイルは、「ファイル」アプリ、クラウド、コンピュータなどからインポートすることが可能です。また、内蔵ブラウザもあるので、Webサイトから音楽をダウンロードすることもできます。

iPhone・iPadで楽曲を再生する方法

お気に入りの音楽をアプリにインポートしたら、曲をタップするだけで再生できます。音楽プレーヤーには多くのオプションが搭載されており、曲の再生順序をシャッフルしたり、ループしたり、再生速度を変更したりできます。

Documentsを無料でダウンロード

曲の再生順序を変更する方法

曲のキューを確認するには、音楽プレーヤーの下部にある「次の曲」をタップします。曲順はドラッグアンドドロップで変更できます。

キューから曲を削除するには、削除したい曲を右から左にスワイプします。

デバイスからさらに多くの音声ファイルを追加するには、音楽プレーヤーの上部にある「ライブラリ」タブに移動します。 Documentsに保存されている曲を検索して再生したり、接続したクラウドサービスから音楽をストリーミング再生したりすることもできます。

現在のキューに曲を追加するには、曲の再生中に「…その他」をタップし、「キューに追加」または「次に再生」を選択します。

プレイリストを作成する方法

Documentsでは、音楽のあるすべてのフォルダがプレイリストとして扱われるため、アーティスト、アルバム、ジャンルごとにフォルダ内のトラックを整理すると便利です。フォルダを作成する方法については、こちらの記事をご覧ください。

いくつかの曲を含んだフォルダーを作成したら、そこにあるファイルをタップすると、このフォルダーに含まれている他のすべての曲が現在のキューに追加されます。

音楽プレーヤーの「ライブラリ」タブを使用して、音楽フォルダー間を移動することができます。先ほどと同様に、フォルダをタップすると、そこに含まれるすべての音声ファイルが再生されます。

このように、iPhone向けファイル管理アプリであるDocumentsは、音楽プレーヤーとしても使うことができます。すべての音楽ファイルを1か所で管理でき、インターネットがないところでもお気に入りの音楽を聴くことができます。

iPhone・iPadで使える便利な音楽再生アプリをお探しでしたら、無料でダウンロードできるDocumentsをぜひお試しください。