iPhoneは、ドキュメントを常に持ち歩くこと可能にする優れたデバイスです。そのため、必要なときに必要なファイルすぐには見つけれるよう、デバイス内のファイルを整理しておくことは重要です。そうしておくことで、PDFに変換した領収書や、後で見るためにダウンロードしておいたビデオをすばやく見つけることができます。

iPhoneでフォルダを作成することは、経験豊富なAppleユーザーにとっても至難の業です。無料のDocumentsアプリは、あらゆるファイルをまとめて管理するための便利なアプリです。Documentsは直感的に操作できるファイルマネージャなので、新しいフォルダも簡単に作成できます。

iPhoneでフォルダを作成する方法:

  1. まず、お使いのiPhone・iPadにDocumentsをインストールします。
  2. 画面右下にある紫色の「プラス」アイコンをタップします。
  3. 「フォルダを作成」を選択します。

これで、作成したフォルダに必要なドキュメントをドラッグ & ドロップで移動することができます。または、あるファイルを別のファイルの上にドラッグして、新しいフォルダを作成することもできます。

フォルダ内に別のフォルダを作成して、ファイルを整理することもできます。

iPhoneでサブフォルダを作成する方法:

  1. メインのフォルダを開きます。
  2. 「プラス」アイコンをタップし、「フォルダを作成」を選択します。

または、あるフォルダを別のフォルダの上にドラッグすることもできます。

カラータグでフォルダを識別する方法:

  1. フォルダの「…その他」ボタンをタップします。
  2. 「カラータグでマーク」を選択します。
  3. フォルダの色を選択します。

iPhoneでフォルダを作成する方法を学んだら、アプリのファイル管理機能を最大限に活用できるようになります。Documentsには他にも便利な機能があります。例えば、書籍を注釈付けしたり、写真を見たり、楽曲を再生したり動画を視聴したり、ファイルをダウンロードしたり、クラウドストレージとデバイスを接続したりすることができます。

iPhoneで使える便利なファイル管理アプリをお探しでしたら、無料でダウンロードできるDocumentsをぜひお試しください。