iPhoneとiPadの両方を持っているのであれば、2つのデバイスを同期させてどこからでも双方のファイルにアクセスできるようにすることをお勧めします。そうすることで、iPhoneのパワフルなカメラで撮影した写真をiPadの大きな画面で見るなどの使い方が可能になります。

無料で入手できる Documents アプリを使えば、iPhone や iPad のファイルを簡単に管理したり、オンラインストレージと簡単に同期することができます。

iCloudを使ってiPhoneとiPadを同期する方法

Documentsでは、iCloudにファイルを保存させて、すべてのデバイスから最新のファイルにアクセスできる環境を構築することができます。ここでは、iCloudを使ってiPhoneとiPadのファイルを同期する方法をご紹介します。

  1. まず、お使いのiPhoneiPadにDocumentsをインストールします。
  2. デバイス間でファイルを同期するには、お使いのiPhoneとiPadの両方で同じApple IDを使ってiCloudにサインインします。
  3. 両デバイスでDocumentsアプリを起動します。
  4. 同期したいファイルまたはフォルダをiPadの「Documents - iCloud」タブ (iPhoneの場合は「Documents - iCloud」フォルダ) にドラッグ & ドロップします。

複数のファイルを一度に同期するには、次のステップを行います。

  1. ファイル管理画面で、右上にある「選択」をタップします。
  2. 複数のファイルを選択します。
  3. 「移動」または「コピー」ボタンをタップします。
  4. 「Documents - iCloud」を選択します。

これで、選択したファイルがiPhone・iPad間で同期されます。また、iCloudをサポートする他のアプリでもこれらのファイルにアクセスすることができます。他のアプリから同期したファイルにアクセスするには、アプリのiCloudセクションを開き、「Documents」フォルダを選択します。

オンラインストレージを利用してiPhone・iPad間同期を行う方法

Documentsは、メジャーなクラウドサービスとの双方向同期に対応しています。そのため、Dropboxなどのオンラインストレージに新しいファイルをアップロードして、そのファイルをあなたのすべてのデバイスからアクセス可能な状態にすることができます。

オンラインストレージのフォルダと同期を行う方法:

  1. iPhoneで「サービス」タブを開き、「+ アカウントを追加」をタップします。
    iPadの場合は、サイドバーにある「+ アカウントを追加」をタップします。
  2. 接続したいオンラインストレージを選択します。
  3. ログイン名とパスワードを入力してサービスにログインします。
  4. これにより、クラウドにあるドキュメントを直接操作したり、デバイスにダウンロードしたりできるようになります。
  5. フォルダ全体を同期するには、「… その他」をタップし、「同期」を押します。
  6. 一度に複数のフォルダを同期するには画面の右上にある「選択」ボタンをタップし、必要なフォルダを選択し「同期」を押します。

同期が完了すると、これらのフォルダのコピーが「同期フォルダ」に保存されます。同期されたフォルダのファイルは、オフラインでも使用することができます。

このようにして、iPhone・iPad 間でフォルダを簡単に同期できます。これで、デバイスから最新のファイルにいつでもアクセスできるにようになります。

デフォルトの設定では、デバイスが Wi-Fi ネットワークに接続すると、Documents は自動的にフォルダの同期を開始しますが、モバイルネットワーク経由での同期を許可したり、自動同期を無効にしたりすることもできます。同期のオプションは、「設定」にある「同期」で変更することができます。

また、フォルダは手動で同期することもできます。同期したいフォルダを選択し、「… その他」を開き、「今すぐ同期」をタップします。これで、フォルダの同期が開始されます。同期を中断するには「同期を一時停止」をタップしてください。

同期を無効にするには、同期済みのフォルダを選択し、「… その他」を開き、「削除」をタップします。これで、オンラインストレージ上のファイルに影響を与えることなく、同期フォルダのローカルコピーだけが Documents アプリから削除されます。


iPhone・iPad で使える便利なファイル管理アプリをお探しでしたら、無料でダウンロードできる Documents をぜひお試しください。