Webページを保存したいとき、あなたはどうしていますか?iPhoneとiPadで使える無料のDocumentsアプリには、WebページをPDFとして保存するための機能が搭載されています。そのため、数秒であるゆるインターネットのページをファイルとして保存し、注釈付け機能で重要な箇所を選択して、メールで送付またはクラウドにアップロードすることができます。

iPad・iPhoneでWebページをPDFとして保存する方法:

  1. まず、お使いのiPhone・iPadにDocumentsをインストールします。
  2. iPhoneをお使いの場合は、画面左下にある青い「方位磁針」アイコンをタップします。iPadをお使いの場合は、サイドバーにある「ブラウザ」ボタンを押します。
  3. 内蔵ブラウザを開いたら、保存したいWebページに移動します。
  4. 画面右上にある「…その他」ボタンをタップします。
  5. 「PDF として保存」を選択します。
  6. ファイルのダウンロード先を指定します。デフォルト設定では、ファイルはDocumentsの「ダウンロード」フォルダで見つけることができます。

WebページをPDF以外のファイル形式で保存したいときは、「ページを保存」をタップしてください。そうすると、WebページをHTMLファイルまたはWebアーカイブとしてダウンロードすることができます。

Webページを保存したら、Documentsを使って、そのPDFファイルを注釈付けしたり、圧縮したり、クラウドにアップロードしたり、コンピュータに転送したりすることができます。

iPhone・iPadで使える便利なファイル管理アプリをお探しでしたら、無料でダウンロードできるDocumentsをぜひお試しください。